角質培養はクレンジングから


角質培養で一番大切なポイントはクレンジングです。

なぜなら、クレンジングが一番肌に負担を与える行為だからです。

クレンジングをする時は肌を擦りやすいうえに、ほとんどのクレンジング剤には強力なメイクを洗浄するためにたくさんの界面活性剤が使われています。

「擦る負担」と「界面活性剤の負担」で、まだ必要な角質が削られ肌は毎日ダメージを受けています。

角質培養では、いかに角質を保護するかがキモですので、クレンジングに何を選ぶかが成功のカギを握っていると言っても過言ではありません。


メイクコスメは落とす事を考えて選ぶこと!

角質培養 クレンジング

肌に負担のかからないようにクレンジングをするなら、メイクコスメを選ぶ時もクレンジングの事を考えて選ぶことが大切です。

落ちにくいコスメを選べばそれだけ強いクレンジング剤が必要になるので、肌に負担がかかります。

メイクコスメは優しいクレンジングでも落ちるものを選ぶように心がけましょう。

今は、石鹸で落ちるファンデーションにアイシャドー、チークもありますし、お湯で落とせるマスカラやアイライナーもあり、それで十分にメイクができます。


角質培養に向いているクレンジングとは?

角質培養では角質をなるべく取らないようにクレンジングをすることが大切です。クレンジングを選ぶ際は、下記の条件に全て当てはまるものを選ぶようにしましょう。


チェック クリームまたはミルククレンジング

クリームクレンジング、ミルククレンジングは肌滑りがよく、肌を擦らず傷つけにくいです。


チェック メイクを浮かして取るタイプ

メイクを洗浄して落とすものは、界面活性剤が肌に残りやすく角質を傷つけます。
一方、メイクを浮かして取るタイプは界面活性剤が残りにくいので、肌負担が少ないです。


チェック 洗い流すタイプ

クリームやミルククレンジングは、拭き取ることが多いですが、拭き取ると角質を擦り取ってしまうので、肌に負担がかかりますので、洗い流せるタイプを選びましょう。


チェック ダブル洗顔が必要ないタイプ

クレンジングのうえにダブル洗顔をすると、さらに肌に負担がかかってしまいます。
ダブル洗顔の必要がないタイプのものを選んでください。




角質培養のクレンジングにピッタリ!サッポーのクレンジングとは?

サッポーのクレンジングは角質を保護するためにつくられたもの。
角質培養にはピッタリなクレンジングと言えます。

ポイント1

やわらかいクリームタイプで肌を傷つけにくい


ポイント2

洗浄力はゼロ。メイクを浮かすタイプで角質を傷つけない


ポイント3

洗い流すタイプなので、肌への負担が少ない


ポイント4

ダブル洗顔の必要がない(ダブル洗顔してもしなくてもいい)


角質培養初期は肌が乾燥気味で辛かったのですが、このクレンジングは洗った後がとてもしっとりするので、とても気に入り、ずっと使っています。肌も順調に育っているみたいで、友達にも肌を褒められます。
東京都・30代女性

敏感肌で今までいろんなクレンジングを試してきましたが、なかなか合うものがありませんでした。このクレンジングは、使い心地もよくて本当に肌が荒れないので、すごいです!もう手放せません。
福岡県・20代女性

しっかりメイクは落ちにくかったので、石鹸で落ちるタイプのメイクに変えたところ、問題なく落とせています。肌に自信がもてるようになれば、しっかりメイクも必要なくなるので、肌のことを考えるとこのくらいで十分なのかも。
大阪府・20代女性

角質培養に取り入れています。とってものびがいいので、肌を擦らないでいいし、洗い流せるところも気に入っています。洗い上がりはしっとりモチモチだから、私はこの後にワセリンをつけるだけでスキンケア終了です。
広島県・30代女性